マンション管理士の資格を目指す

近年、再開発などが行われマンションなども多く建設されてきています。
そういったことから、マンション管理士の仕事は職に困らないとも言われています。

このマンション管理士とはどういった仕事なのでしょう。
名称から判断すればマンション管理のプロといった印象を受けます。もちろんマンション管理士の資格を持ったうえでマンションの管理をされている方もおられるとは思いますが、実際はマンション管理士はマンションの管理が仕事ではありません。

マンションの管理は管理組合が行います。マンション管理士はその管理組合へのコンサルタントを仕事としているのです。
そのコンサルティングを行うためには建築やマンションに関する様々な法律や裁判の判例など多くの知識が必要とされます。
その知識を持っていることを証明するのがマンション管理士の資格なのです。

この資格は国家資格であり、国家試験を受けて合格する必要があるのですが、合格率は過去すべての年度において10%を超えたことはありません。
つまり、難易度の高い試験となっているのです。

ですから資格取得のためにはしっかりとした対策、つまり勉強が必要となります。参考書や問題集を購入して自宅で独学するのもありですが、しっかりとしたスケジュールをたて、自己管理がきちんとできる人でなければ、難しいかもしれません。
そういった場合は予備校などに通うのも方法の一つです。多くの人は自宅で自習するよりも、学校などで学習する方が勉強しやすいものです。
緊張感が大きく違います。